cart

効率よく、調理する。

仕事がある日の食事づくりは、朝も晩も、ちょっとした時間との闘いです。
そこで忙しい日に活躍する、冷凍食材の調理プロセスを検証。
解凍方法を見直したら、おいしさまでアップする時短ツールができました。

When When 平日はバタバタしがち。食事の時間に急かされがち。
Who Who ママやパパに、ひとり暮らしに。
What What 冷凍食材は、日々の料理の強いミカタ。
Why Why 自然解凍は時間がかかり、レンジ解凍は失敗ばかり。

結 論

Why 解凍や粗熱取りの時短こそ、調理負担を減らすコツ。

解凍プレート

製品の特性

Point

圧倒的な解凍力で、時間もドリップもカット。

調理を時短するため目を付けたのが解凍力。日々活躍する冷凍食材を、あっという間にはがせる、切れる、加熱できるのがこの解凍プレートです。急速解凍のヒミツは、プレート裏のギザギザ・フィン(特許)。解凍時間が短いおかげで、食材のドリップが最小限に抑えられ、おいしさも食感もアップします。

水受けトレーが、解凍時間をグッと短縮。

プレート1枚とフタにもなるカバートレー2枚が基本のセット。水受けとなるカバートレーにぬるま湯を注ぎ入れ、プレートに冷凍の薄切り豚ロース肉(※)をのせて約5分。表面がしっとりしてきたら裏返してさらに約5分。発泡トレーの肉は霜でバリバリなのに、「解凍プレート」は解凍開始約10分で肉をはがせて調理可能な状態に。

※2mm厚の豚ロース肉180gを解凍:室温26℃、約380cc(Max水位線まで)のぬるま湯(40℃)を使用

使用時も収納時も、
場所を選ばず省スペース。

狭いキッチンでも使いやすいA5サイズ。小ぶりながら厚切り肉や鶏もも肉のかたまり、魚の切り身などがのせられます。フタにもなる水受けトレーは、重ねて収納できるので場所を取りません。

ホカホカごはんが、
急速クールダウン。

解凍だけでなく、粗熱取りまでスピーディー。トレーに水を入れて、プレートにホカホカごはんをのせるだけで、冷凍しやすい温度にクールダウン。お弁当箱に入れたごはん(※)は、22分で温度が38℃も下がりました。

※ステンレス製のお弁当箱を粗熱取り:室温21℃、78℃のごはんを使用

抜群の水切りで、
後片付けも時短する。

プレート裏のギザギザ・フィンは、洗ったあとの水切りまで想定。フィンに沿って水がスッと流れていくように、ほどよく角度をつけました。表面は汚れがつきにくく、後片付けがしやすいフラットな形状です。

Key Word

  • #時短解凍
  • #ドリップオフ
  • #ストレスオフ
  • #おいしさアップ
  • #コンパクト
  • #ごはんの粗熱取り
  • #水切り力抜群

製品の仕様

Spec
品名 解凍プレート
定価 4,000円(税抜)
品番 4w1h_005
サイズ プレート / 210×150×高さ23mm
カバートレー / 215×155×高さ31mm
材質 プレート / アルミニウム合金(シリコーン樹脂塗装)
カバートレー / ポリカーボネート
重量 約680g(プレート約420g、カバートレー約130g/枚)
カラー ブラック(本体)
原産国 日本
Online Store