cart

パスタを、最速で食卓へ。

パスタ鍋はたっぷりの湯が入る、ずんどう形が一般的。
でも「ロングパスタを、寝かせて茹でる」と発想を90度転換してみたら、
少量の湯でも茹でられる、ひとつで3役こなす調理器具ができました。

Who Who ひとりでも、夫婦でも、子どもがいても。
When When 昼食や夕食を、ササッとすませたい時がある。
What What そこで出番が増えるのが、手軽なパスタ。
how Why でも湯をすてる時と、後片付けの負担は結構重い。

結 論

Why 茹でる+湯を切る+炒めるを、ひとつの鍋でできないか?

マルチパスタパン

製品の特性

Point

ロングパスタを、最少の湯で茹でるには?

パスタの第1関門は深めの鍋で大量の湯を沸かすこと。水を入れる時もすてる時も、結構な力仕事です。そこで「最少の湯で茹でるには?」を考えたのがこの形。パスタの投入方向をタテからヨコへ転換し、寝かせて茹でれば深さは不要。水量も少なく済むので、すばやく湯を沸かせます。(パスタ量は約500gまで)

湯切れ抜群の波形スリットで、ザルいらず。

意外と手間取る湯切り作業。できればザルなし、ワンアクションが理想です。それを可能にしたのが、フタに入れた波形スリット。パスタが飛び出ず湯をせき止めない隙間と、凹みでフタをホールドできる持ち手により、傾けるだけで湯切り完了。残さず湯を切るために、本体に水流を促す傾斜を付けました。

茹でて、湯を切り、
炒めるまでをスムーズに。

パスタは手順ごとに道具が変わり、大きな洗い物が増えがちです。それなら茹でて炒めるまでの手順を、コレひとつで完結させようと、本体内側をフッ素で塗装。調理も後片付けの手間も、大幅カットを目指しました。

これからは鍋の持ち手が、
フタ置き場の定位置に。

湯が沸いたあとのストレスがフタの扱い。置き場に困るなら、開けた流れで持ち手にスッと差し込んでしまいましょう。約80度と約110度の2つの角度で立てられるので、茹でる間も水滴が付きにくい設計です。

パスタだけじゃない、
温野菜も爽快な湯切り感。

火が通りやすく、均一に熱が伝わる浅形パンなので、野菜を茹でる時も大活躍。とうもろこしやアスパラガスなど、長さのある野菜も得意です。麺類以外は波形スリットの反対側から、勢いよく湯切りができます。

Key Word

  • #パスタをヨコ茹で
  • #湯量少なめ
  • #湯切れ抜群
  • #ザルいらず
  • #ワンパン料理
  • #フタ置き場不要
  • #温野菜も

製品の仕様

Spec
品名 マルチパスタパン
定価 7,700円(税700円)
品番 4w1h_006
サイズ 約340×230×高さ102mm
材質 本体/複合材(底の厚さ2.0mm)(表面フッ素樹脂加工)
A:アルミニウム B:ステンレス鋼(クローム18%)
持ち手・蓋つまみ/フェノール樹脂
蓋/ステンレス
重量 約1,380g
カラー ブラック(本体)
原産国 日本